現在 ジョージア ノマド 中!!

ソースからpkg-configをインストールする

目次

ダウンロード

pkg-config公式ページ

https://www.freedesktop.org/wiki/Software/pkg-config/

pkg-configのインストール

CentOS / Ubuntu / MacOSの場合

※ バージョン0.29.2をインストールした場合

ターミナル

# wget https://pkg-config.freedesktop.org/releases/pkg-config-0.29.2.tar.gz
# tar xvfz pkg-config-0.29.2.tar.gz
# cd pkg-config-0.29.2
# ./configure --prefix=/usr/local/pkg_config/0_29_2 --with-internal-glib
# make
# make install

configureオプション

--prefix

インストール先パス

--with-internal-glib

内部のglibライブラリを利用する

シンボリックリンクを作成する

インストールされたライブラリを"/usr/local配下にシンボリックリンクで作成します。

ターミナル

// /usr/local/bin
# ln -s /usr/local/pkg_config/0_29_2/bin/pkg-config /usr/local/bin/

// /usr/local/share/aclocal
# ln -s /usr/local/pkg_config/0_29_2/share/aclocal/pkg.m4 /usr/local/share/aclocal/

環境変数を設定する

LD_LIBRARY_PATHやPKG_CONFIG_PATH変数を設定しておくことで、他のソースをビルドするときやコマンド実行するときに役立ちます。

/usr/local配下にインストールしたライブラリをコピーあるいはシンボリックリンク作成した場合、設定しておくことを推奨します。

ターミナル

$ vim ~/.bash_profile

.bash_profile

...
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig:$PKG_CONFIG_PATH
export ACLOCAL_PATH=/usr/local/share/aclocal:$ACLOCAL_PATH
...

関連記事